« タイミングのずれた派遣法制見直し | トップページ | IT技術振興策と環境省エネ技術振興策 »

2009/01/13

オプション理論と労働法制

 オプション理論から見た場合、期間の定めのない「正規雇用」と期間の定めのある「有期雇用」との関係については、実体と異なる理論的帰結が導かれる場合がある。

« タイミングのずれた派遣法制見直し | トップページ | IT技術振興策と環境省エネ技術振興策 »

労働法制のあり方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81793/43726552

この記事へのトラックバック一覧です: オプション理論と労働法制:

« タイミングのずれた派遣法制見直し | トップページ | IT技術振興策と環境省エネ技術振興策 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ