« 大山鳴動ねずみ一匹 | トップページ | 財政支出におけるターゲット戦術の破綻 »

2009/10/10

家賃バウチャー制度という卓見

 学習院大学の鈴木教授の卓見が披瀝されているレジュメを発見。

2. 住宅弱者への居住支援対策は、家賃補助・ケア補助への一本化が優れた施策

(2)家賃補助(バウチャー)への政策転換
・こうした問題は、欧米諸国が行なっている利用者への家賃補助政策に切り替えることでほぼ対処可能な問題である。
・その際、フランスが行なっているように、家賃補助を受けることができる住宅に一定の質基準を課すことが望ましい。
→質のコントロール。自治体の住宅や建設部門が対象となる住宅・施設の質を審査し、一定の質以上のものにしか家賃補助を認めない。
・現状の限定された対象者にしか支給されない住宅扶助を、ドイツのように生活保護制度から切り離し、家賃補助政策の中に組入れることも一案である。ドイツでは、生活保護よりも緩い所得基準を設定し、それを満たせば必ず家賃補助が受けられるという「資格制度」を採用。
→対象を生活保護受給者以上に広げるハウジングファースト施策。
・また、アメリカで採用されているように、低所得者が家賃を別の目的の支出に使わないために、使途を限定する「バウチャー制度」の導入も望ましいと考えられる。
  →不正や浪費の防止。
・その他のメリットとして、地域偏在への対処(ハコモノと一体ではない直接補助なので、どんな地方でも支援可能)、公営住宅の利用促進(家賃補助により高い家賃を取ることができるため、自治体も利用に積極的になる)、質の確保された民間賃貸住宅の新規供給増(家賃補助により、採算性が増すために供給増。また、家賃補助により家賃不払いのリスクが低くなることも重要。家賃不払いの保障を公的に付けることも一案)
・一方で、居住支援、宿泊所等のケアコスト、アフターフォローについては、別途、必要経費+αの補助金を創設すべきである。アフターフォローについては、必要経費をはるかに超える公費の節約が可能であるとの研究(資料)。宿泊所のケアコストについては、大阪市立大学都市研究プラザの稲田七海によるタイムスタディーによる萌芽的研究。居住支援についても、同様の手法が考えられる。
・東京都の地域生活移行支援事業を積極評価すべき。過渡期には住宅扶助単給付も推進。
・他の住宅弱者(高齢者、障害者)も家賃補助に切り替え、統合化すべき。民主党的。


 ここで、既存のスットク拡充型施策が現実的な問題解決機能を喪失していること、つまり鈴木教授の捉え方では、

「建設補助の問題→民間賃貸住宅への居住支援施策としては、圧倒的に「建設補助」が中心。①「民間賃貸住宅建設融資」、②「特定優良賃貸住宅等供給促進制度(特優賃)」、③「高齢者向け優良賃貸住宅制度(高優賃)」の3つの制度とも、直接、必要とする人に行き渡る部分が少ない。」

とされている問題意識は共有しているが、その問題点の解消策として発想した解決指針は、いまだ中途半端であったようだ。

 鈴木教授の提示する「家賃補助バウチャー」というのは卓見であると思う。
 勿論、この仕組みが直接給付型(古い言葉で言えば、措置制度)に比べてコストが引くからということではなない。提供される「サービス」の質・クオリティーを適切にコントロールしようと思えば、バウチャー対象の監視は不可欠であり、要はクオリティー・コントロールにはコストはかかる。
 バウチャー制度が、(政治思想的に)優れている点は、当事者(提供者と利用者)の「自己決定」の側面が広がるからである。

 中央・地方を問わず行政組織、要すれば役所の支援対象を選別する能力に対する不信が蔓延している。これは、一時的な例外というよりも、このブログのタイトルである「動員型国家」が終焉を迎えつつある中で必然なのだと思う。
 住宅政策についても同じであり、そもそも当事者の選好に大した知見もあるはずもないお役人、それもその地位にあることにそれほどの正統性がある訳ではもなく、人数も限られているお役人が、机の上で練り上げた事業対象が、千差万別のニーズをくみ上げることが可能な訳がない。
 資源制約のある中で、経済資源を一定の方向に動員して経済成長しようという場合の「一定の方向」について、他者の成功体験に照らしたコンセンサスがある時代はともかく、そのような里程標、羅針盤がなくて、自ら「新しい成功体験」を作らなければならない時代には、官僚制によってスクリーニングされる事業対象選定は、その適合性、適正性を保障しない。
 その弊害が噴出しているのが現代ということであろう。

 話が大きくなったが、いずれにせよ、役所が決めるターゲット政策戦術(政策手法)が破綻している以上、鈴木教授が展開する「家賃補助バウチャー」という政策戦術が、今後の住宅政策の根本に据えられることが望まれよう。
(鈴木先生におかれましては、高いところからの物言いをいたしまして、お詫び申し上げます)

« 大山鳴動ねずみ一匹 | トップページ | 財政支出におけるターゲット戦術の破綻 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経済構造の改善」カテゴリの記事

規制改革と産業・技術振興」カテゴリの記事

財政政策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81793/46443146

この記事へのトラックバック一覧です: 家賃バウチャー制度という卓見:

« 大山鳴動ねずみ一匹 | トップページ | 財政支出におけるターゲット戦術の破綻 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ