« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

2009年12月6日 - 2009年12月12日

2009/12/10

経済成長戦略のキーポイントについてまとめてみた

○景気回復策と成長戦略は、同一の効率的資源配分を志向

○目下の景気低迷は、総需要のキャップが主因

○よって、景気対策=短期の成長政策が構想されるべき戦略フィールドは、

  

需要が制度的/政策的に抑制されている分野


○需要が抑制されている分野の消費者を拡大するためには、消費側のエンパワー/購買力増加が目標

○従来型のインフラ整備、技術振興、事業者支援は、直接的な消費需要喚起力がないので、時宜に外れている

○また従来型供給側支援策は、その先行投資先の選定能力が、政治/行政機構に欠落していることを看過している

←事業仕分け、官僚不信

○個々の支援先(事業者、商品、サービス)の選定は、市場=多数消費者の目に任せるべき

需要が抑制されているコンセンサスが得られやすい、

 介護、教育、保育(学童保育)、障害者支援

について、その需要消費側にバウチャー等の形で、購買力をエンパワーする施策


○短期の補正事業的枠組みでは失業対策として就労支援(労働移動促進策)を、恒常的な当初予算の枠組みでは成長戦略として生活支援(サービス需要)への公的財政投入の増大を、パッケージとして組み合わせる

<補足>

○環境指向の政策を進める上では、個別の財政支出よりも、技術的可能性と投資猶予期間を考慮したルール化が重要

 ←ルール化の先行アナウンス

○そして、環境投資を需要=消費する側をエンパワーする仕組み=多数の消費者から環境投資を回収する仕組みを作ること

○個々の環境技術開発や環境投資自体は、市場のプレイヤーの判断に任せるべき

○その意味で、エコポイントは制度の更なる精緻化を前提として有効な取組みであるし、RPSも有効な取組み

« 2009年11月22日 - 2009年11月28日 | トップページ | 2009年12月13日 - 2009年12月19日 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ