« 震災復興のための広域搬送と受け入れ先確保のために総理がすべきこと | トップページ | 生産拠点の「疎開」 »

2011/03/26

3月11日という偶然の一致

3月11日といえば、東北関東大震災の日であり、福島原発クライシスの日です。しかし、この日には、もう一つ別の出来事が起きていました。11日というのは金曜日ですから、定例閣議のある日です。

 http://www.kantei.go.jp/jp/kakugi/2011/kakugi-2011031101.html

 これが、11日の閣議の案件の一覧ですが、このページの中段からの「法律案」の中に、全然目立ちませんが地味に「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法案」というものがあります。

 この法案は、いわゆる全量買取制度といって、既に太陽光発電では措置されている(正確に言えば、制度が動き出すのは、この4月から)自然エネルギー発電の余剰電力を固定価格で電気事業者が買い取る仕組みを構築する法律です。

 概要はこちら→ http://www.meti.go.jp/press/20110311003/20110311003-1.pdf

 11日の朝に、全量買取制度のための法案が閣議決定され、同じ日の午後の持ち回り閣議で、原子力災害対策本部設置の閣議決定がされるということになっているのです。

 「311」は、日本のエネルギー機序の在り方、そして経済の在り方の画期を象徴する日付になるのかもしれません。

« 震災復興のための広域搬送と受け入れ先確保のために総理がすべきこと | トップページ | 生産拠点の「疎開」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

経済構造の改善」カテゴリの記事

規制改革と産業・技術振興」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81793/51223768

この記事へのトラックバック一覧です: 3月11日という偶然の一致:

« 震災復興のための広域搬送と受け入れ先確保のために総理がすべきこと | トップページ | 生産拠点の「疎開」 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ