« 消費税率の引き上げが「国際公約」という???? | トップページ

2014/09/17

「4-6月期と1-3月期を平均すれば昨年の10-12月期よりも高い水準」という欺瞞

またぞろ内閣府の何とか会議では、足下の景気を悪くないとうそぶいているようだ。

その根拠が、今年の1-3月期と4-6月期のGDPの平均は、昨年の10-12月期よりも高いということだそうだ。これは明らかに統計でごまかしをしようとしている典型的な論法。

Gdp_6

最大の問題点は、「在庫純増」の取り扱い。


4-6月期のGDPの二次速報の前期比はマイナス1.8%の低下だが、需要項目のうち、プラスの寄与をしているのは、在庫純増と純輸出だけである。

これだけでも、国内の自律的な需要が弱いことは明らか(特に、純輸出のプラスは輸出の増加ではなくて、輸入の低下であり、これも内需が悪いことの間接証拠)。


そして、問題は在庫の前期比寄与度がプラス1.4%もあること。

こんなにひどい在庫の積み上がりが生じたのは、丁度リーマンショック直後の2008年10-12月期。こういう経済環境の悪い時にしか生じないような在庫の積み上がりが生じているのだ。

鉱工業指数でみる在庫循環(生産と在庫)も在庫積み上がり局面(出荷と在庫でみると、完全に)に入ろうとしており、4-6月期の在庫の増加は決して前向きの「積み増し」ではなくて、企業が意図しない「在庫の積み上がり」(要すれば、97年と同じで根拠のない需要予測から作りすぎている)であることは明らか。

その「需要」があるので、結果的に4-6月期はマイナス1.8%に留まっているのであって、これを除けば需要の減退はマイナス3%以上になる。


今回のマイナス1.8%に対して、確かにリーマンショックの時は、GDPが前期比マイナス3.3%低下であったが、この低下の大部分は純輸出のマイナス2.9%低下寄与によるもの。

内需の各項目の寄与度はマイナス1%前後に留まっている。しかし、今回の民間最消費支出の低下寄与はマイナス3.2%低下であり、他を圧倒して内需が悪いこと示している。

 

その何とか会議に参加している企業経営者は、PLを読むことが全くできないのだろう。どこの企業に、PLで在庫純増を会計上の売上げと認識する人がいるだろうか。

その何とか会議に参加している経済学者もいるそうだが、マクロ経済学の学部の1年生の最初からやり直した方が良いと思うよ(実績と計画の均衡の区別が全くできていない。普通それが分からないと単位はもらえないと思うよ)。

 

来年10月という1年以上も先に消費税を上げることが良いかどうかの判断はしかねる。

しかし、現在の景気の状況を「回復」とか、「良い」という欺瞞で塗り固めるのは止めてもらいたい。ただちに、対策(金融政策も含めて)を講じるべきだ。

 

捕捉

 ぼちぼち出始めた8月の動向も悪いですね。

 乗用車の売上げや百貨店の売上げ(実質的な前年比は増税分を割り引くとマイナス)、貿易統計の8月上中旬の赤字も前年比で増加。マンション販売も悪いし、外食もだめ。いいとこ全くないですが、これで景気が回復とは・・・・

« 消費税率の引き上げが「国際公約」という???? | トップページ

景気の分析」カテゴリの記事

統治のあり方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/81793/60332241

この記事へのトラックバック一覧です: 「4-6月期と1-3月期を平均すれば昨年の10-12月期よりも高い水準」という欺瞞:

« 消費税率の引き上げが「国際公約」という???? | トップページ

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ