書籍・雑誌

2009/10/23

メディア・イノベーション時代の「陥穽」

 「慶安の触書は出されたか」という、非常におもしろし小冊子がある。

 「慶安の御触書」
 日本史のお勉強のとき、江戸幕府が農民の生活統制=年貢確保のために出した「お節介法令」(いわば江戸時代の軽犯罪法)というイメージがある。
 衝撃的だが、この「慶安の御触書」というものは、実は「幕府法令」として実在したものではなくて、原型が別にあり、それが後世(19世紀第2四半期以降)になって、慶安時代(1649年)に幕府によって全国に発令されたものとして「法令集」などに掲載され、多くの藩で採用されたものだそうだ。そもそも、慶安時代に発布された触書そのものというのは、全く発見されておらず、明治期からその実在性については疑念を抱いていた学者もいたというのだから驚きである。

 問題は、なぜ後世の「情報操作」によって、有りもしない幕府法令の存在が広く信じられるようになったのかということだ。
 本書では、松平定信によって試行された「法令を町方に印刷物で配布」という新しい情報伝達ルートの開拓(情報メディアのイノベーション)したことをその背景要因と上げている。時代背景に「天保の飢饉」などの影響で、農村が荒廃しており、その立て直し方策の一貫で、「慶安の御触書」と称する法令が町方・農村に印刷物として配布された結果、全国規模で(その真偽も疑われずに)普及したという仮説である。

 この仮説の妥当性はともかく、情報が新しいメディアで伝達され始める時、その情報の信憑性というか、情報提供者による操作可能性については、そのメディアに関する市民のリテラシーが追いついていない。よって、信憑性の低い情報や操作されている可能性の高い情報が急激に拡散するという視点は、現代においてもウィキペディアやブロゴスフィア、はてブ等のネット上のCGM的メディアで生じている事象の分析視角として有効だと思う。

 いずれにせよ、この「慶安の触書」問題は、情報メディアにイノベーションが生じた折りに、そのメディア、そしてそのメディアによって拡散した情報を後世に受領する人々が陥る「落とし穴」、陥穽を良く示している。
 情報メディアを巡る問題は、江戸時代でも現代も似たり寄ったりということ。

 もう一点、この小冊子との関連でおもしろいと思うのは、つくづく江戸時代というのは、それ以前との対比で、情報大「公開」時代だったのだという点。
 こんな話がネットで出ている。

学問のこと

慶長八年ごろのこと、林羅山や遠藤宗務、松永貞徳といった人々、がそれそれの研究している「四書新注」「太平記」「徒然草」などの、一般の人々への公開講義を行う事を企画した。
人々の間に、学問を広める事を目的とした者である。
ところがこれに、儒学を家学とする清原家などの、京の伝統的な学派が異議を唱えた。
そして彼らはこれを禁止させるため、家康の元に、今川氏真を派遣した。

氏真は言う、
「学問とは、代々それを受け継いだ師が、その伝統の秘伝を含め弟子に教え伝えることで始めて成就するものです。
それを公開し誰にでも学べるようにする、などと言う事は、学問そのものを破壊してしまいます。」

家康はこう答えた
「師につかなければ、学べないようなものは、学問ではない。芸だ。学問とは、何から学ぼうが、学ぶ者の努力次第で、天下万民、誰でも会得できるものでなければならない。」

こうして、公開講座は無事開かれた。さらにこの講義内容は出版され、日本全国に知的な興奮を巻き起こした。
一部の人々にのみ伝わっていた「徒然草」が、日本人に「再発見」されたのも、この時である。
学問の世界が、中世から近世的なものへと切り替わった瞬間とも言われる、有名なお話。

 この話自体は、まあ俗説なんだろうが、中世(平安末期から室町時代にかけて)は、情報の多くは、京都の公家及び寺社内に保存されているものであり、それぞれの「家」に伝承する日記や寺社内の記録として門外不出のものであった。それを最も独占していたのが、天皇家だというのが、天皇という仕組みが戦国時代を生き延びたとする学説もある(本郷「天皇はなぜ生き残ったか」 )。

 また、法律なんてものも、「ポケット六法」なんて手軽に法令を閲覧するものはなかった(いまでは、ネットで検索かもしれないが)ので、訴状沙汰の時には、自分の権利主張を根拠づける法律を自分で裁きの場で主張しなければならなかったらしい。だから、法律の存在の真偽が争われるという現代の裁判では信じられないことが、訴訟古文書として残っている(勿論、国際裁判の場合には、現代でもそういうことが起きるが・・)。
 中世では、情報が囲い込まれ、それが権威と権力の源泉であった訳だし、そもそも一般人は、そういう「情報」があるということ自体を知らなかったし、仮に開示される場合にも、それは、特別な時に特別に開示されるのが当然という時代だったのだろう。

 それが、大きく転換したのが、江戸時代。さっきの逸話は、その象徴。「法令を町方に印刷物で配布」という情報伝達のイノベーションも、イノベーションの常で、今では当たり前のことだが、当時としては画期的だったのだろう。そういう情報大「公開」の時代であったから、「慶安の触書」も一気に定着したのだろう。
 「慶安の触書」の存在というのは、メディアの転換点における、珍奇な事象として、とても興味深いものだ。
  

2009/02/19

創発、自由意思、神経細胞ネットワーク

行為・創発・制度~tamuraの日々の雑感~より

 「制度Aは特定の行為Bを強制するわけではないが、それにもかかわらず、制度Aの下で行為Bは生じる(または、生じる可能性が高まる)」と言うことができるようになる・・・だろうか?この場合、制度Aと行為Bとの間に厳密な意味での因果関係は存在しない。というよりも、「因果」ではないからこそ、「創発」なのである。
 問題は、因果関係がないのに、なぜ特定の帰結が生じる(あるいは生じる可能性が高い)と言うことができるのか、ということであろう。そこを「それは創発だから」という表現だけで切り抜けることができるかというと、それは難しいような気がする。実証的なデータを持ち出すしかないのだろうか。


 ある行為の原因なる概念については、刑法学では、その行為に対してなぜ刑法的非難を負わせることができるのかという形で、侃々諤々の議論がなされてきた。その歴史的な対立点は、極めて単純化すると、非難の対象を、違法な行為を行った者の「性格」に求めるのか、「自由意思」に求めるのかという点らしい。
 勿論、現代的な刑法学では、性格や人格的傾向を非難の対象にするではなく、犯罪を行おうとした意思決定、つまり犯罪行為を回避できるのに自由意思で犯罪を行ったという点に非難の根拠を置いている。

 この「自由意思」なるものが、脳、あるいはニューロンの固まりから、いかにして生み出されるのかということは、脳科学の探求対象。
 この大問題については、『前頭葉は脳の社長さん?』では、うろ覚えなのですが確か、

 そして『意思』とは、複数の情報入力にもとづいて脳が生み出す『ただひとつの解』であるといえます。そして、この『解』は、その瞬間における『解』であって、時々刻々と変化しうるものです。

と解説している(はず)。

 これを自分風に解釈すると、

 神経細胞ネットワークの電気的・科学的状態の変化が、意識の実態であり、その変化の中の一定のものが「意思決定」と認識される状態変化を作り出す

てな感じかと。
 こういうニューローンの励起状態って、何となく「創発」っぽい感じがしてしまうのは、僕だけかな?

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ